カテゴリー: 未分類

月額100円程度のレンタルサーバーでも十分色々なことができる

利用者には有難い料金になってきたレンタルサーバー

1990年代当時はレンタルサーバーというものは、月額1000円以上の料金を払わないとなかなか良い機能を提供しているレンタルサーバーに巡りあえないようなところがありました。しかし、2000年代に入って競争が激しくなり、信頼できる株式上場企業が運営しているサーバーさえも初心者などを対象に月100円程度でも契約できるようになってきました。

月100円のレンタルサーバーでも素晴らしいサービス

月100円のように低額コースは、安いだけであって高度なことはできないですが、基本的なニーズには応えてくれます。各社によってサービスには違いはありますが、サブドメイン形式でホームページを作ることはもちろん好きなメールアドレスを持つことができます。そして、独自ドメインを取得すればサブドメインではなく独自ドメインでもホームページを運営できるほか、CMSの簡単インストール機能も大半のレンタルサーバーにて用意されています。

CMSの簡単インストールで望み通りのHPを作れる

昔はレンタルサーバーを契約したのち、CMSをインストールする作業というのは難易度が高い部分がありました。しかし、その点が不評であったため、初心者でもCMSが使いやすいように簡単インストール機能が標準化されていきました。そのため、レンタルサーバーを借りたのち、ホームページ作りにお金をかけたくない場合、自分でHTML&CSSファイルを手作りで1ページずつ作り、FTPソフトで転送するというような作業は必要ありません。

上位コースなら色々なことが出来る

低価格系レンタルサーバーの中で100円程度のベーシックコースではなく、月額1000円くらいかかるコースを選択した場合は、ディスク容量が大きくなるため大規模サイトが作りやすくなるほか、データベースの構築などができるようになります。

レンタルサーバーとは、サーバーを借りることです。借りることで自らサーバーを準備し、管理する必要がなくなるのでとても便利です。

何よりも大事!プライバシー保護は最優先課題

情報化社会を活きるための注意点

プライバシーが守られなければならないことは、誰でも容易に理解できることといえるのではないでしょうか。もはやどんなビジネスや取り組みをする上でも一番重要なことかもしれません。さまざまな業界において、ネットワークの活用が求められます。パソコンはもとより、スマホやタブレットでも簡単に情報を入手することも可能です。情報化社会に向けての動きが活発化する中、課題や問題点、懸念事項も浮かび上がってきました。個人情報や機密情報の取り扱いには十分に気をつける必要性があるといえます。サイバー攻撃やネットいじめなどが起こらないようにするためにも、プライバシーは厳しく守らなければなりません。少しの気の緩みや過信、慢心が大きな事件や事故にもつながるのです。

プライバシーマーク取得に向けて

プライバシー保護は、企業活動をする上でも極めて重要視されています。顧客情報もさることながら、取引先や従業員などのプライバシーも厳重に取り扱わなければならない時代を迎えました。デジタル化が進んだことで、確かに便利な社会になったことは事実です。しかしながら、その一方ではリスクが潜んでいることも念頭におかなければいけません。名前や住所、電話番号などの個人情報の取り扱いには、十分に気をつけることが求められます。プライバシーマークのことを知っている人も多いかもしれません。プライバシーマークは、個人情報情報などの適切な管理ができることが認められた企業に付与されます。このプライバシーマークを取得することで、アドバンテージを獲得できます。

シュレッダーは書類などを細長く裁断する機械です。個人情報や会社の書類など内容が外に漏れないように処分するための大切な役割を果たしてくれます。