次世代の照明機器は使い方が肝心!LED照明の特性を上手に活かそう!

LED照明が普及した理由

LED照明は電球や蛍光灯と比べて電力消費量が少なく、耐用年数が長いのが特徴です。低コストで長く使い続けることが出来るので出費を抑えることが出来る利点があります。LED照明は開発された当初は高額でしたが、技術力の進歩によって安価で購入することが可能になっています。また、既存の照明設備の規格に準じた作りになっていることから、照明機器をLEDに交換するだけで済むのも広く普及した理由の一つです。LED照明の光は拡散しにくい性質があるので特定の部分を強く照らすのに向いています。そのため、吹き抜け部分や街灯など高所から照らすのに最適です。使用中は紫外線や熱を放出しないので虫がたかったり周囲が焦げるなどの不具合が起きないのも既存の照明には無い魅力です。

住宅でLED照明を使う際のポイント

LED照明は電気代がかからず長持ちするので家庭での使用に向いていますが、その一方で従来の照明機器と同じように扱うと却ってコストが嵩んでしまう場合もあるので注意が必要です。LEDは長時間使い続けることを前提に作られているので、頻繁にスイッチを切り替えると耐久性が落ちてしまいます。そのため、トイレや物置など使用が短時間に留まる部屋の照明には不向きです。また、LED照明の光は拡散しにくいのでリビングなどの広い部屋に使う際は専用の大型照明を選ぶ必要があります。LED照明の光は明度が高いので部屋を明るく照らすことが出来る一方、冷たい雰囲気があります。そのため、住宅用のLED照明には電球を模した色合いの物を使うのが家庭的な雰囲気を出すのに便利です。

広範囲を明るく照らしたい場合は、消費電力の少ないledパネルを使った方が、電気代を節約することができます。