スマホサイト作り方レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインの特徴

ホームページの形が訪問者の使う端末の画面サイズにより、自動的に切り替わる様にする方法をレスポンシブウェブデザインを言います。これはパソコンをホームページへの訪問者が使っていたら、画面サイズがパソコンに合わせたホームページが表示されます。スマホをホームページの訪問者が使っていたら、画面サイズがスマホの形に合わせて表示されます。これはアクセスがホームページにあった時、画面サイズに合わせたスタイルシートのファイルを使い画面サイズを判断するからです。複数のスタイルシートのファイルを用意して置く事で、ホームページは1つなのですが、ホームページが画面サイズの合わせた形で表示させる事が出来ます。

更新が楽でも作成が難しい

レスポンシブウェブデザインのメリットは今後の更新が楽なのが特徴です。それは表示させている文章や画像のホームページは1つだからです。又管理もし易くホームページのURLも1つで済みます。ホームぺージ運営者とって更新が楽なのは大切な事です。ただ、この作成方法はスマホとパソコンの両方で、1つのホームページで綺麗に表示される様に、作り込む必要がある為大変作成が難しいです。実際にホームページをレスポンシブウェブデザインにする場合、現在ホームページを持っていても全て作り直す事になる可能性があります。更にレイアウトやデザインの自由度も気にかけながら、パソコンとスマホの両方の表示を作る為低くなってしまいがちなのがデメリットです。

ホームページを見てもらうためには見やすさが大切です。スマホサイトを作り、色々な端末で表示しやすくなればアクセス数や売上増加に繋がります。