スマートフォンWebサイトを他のデバイスでも使えるように作る方法

Webサイトを閲覧するデバイスの種類と表示について

Webサイトを閲覧するデバイスには、パソコンとスマートフォンやタブレットがあります。スマートフォンWebサイトは、一般的にスマートフォン専用のWebサイトですが、必ずしも閲覧者がスマートフォンだけを利用しているとは限りません。また一人のWebサイトの閲覧者が、TPOに合わせて複数のデバイスを利用する場合も考えられます。従って、スマートフォンだけでなくパソコンやタブレットでも利用できるように、スマートフォンWebサイトも予め設計しておく配慮が大切です。

レスポンシブWebデザインによるサイト構築

スマートフォンWebサイトを作る際に、スマートフォン専用のサイトを作るのは効率的ではありません。どのデバイスでも利用できるようにしておいた方が、他のデバイス用を開発する際のコストも安くなります。それを解決するのが、レスポンシブWebデザインという技術です。どんな大きさの画面サイズでも見やすく表示でき、使いやすくなります。ウェブページの基本レイアウト情報であるHTMLは1つで、情報の大きさや位置などの表示設定(CSS)を、デバイスごとに用意して表示をさせるという方法です。どのデバイスも表示内容は同じですが、見せ方を設定値で変化させます。スマートフォンWebサイトをこの方法で作れば、パソコン用に転用するのはとても容易です。また、近年のスマートフォンは画面サイズがより大きくなっているので、このレスポンシブWebデザインはスマートフォン専用のWebサイト構築でも大変有効な技術です。これを取り入れて、スマートフォンWebサイトを構築しておきたいものです。

スマートフォンが普及している昨今、スマートフォンサイト制作はサイト集客に欠かせません。まだ、スマートフォンに最適化してない場合は早急に対策をしましょう。