自動化しながら顧客が育つ!効果をしっかりチェックして使おう!

単純な作業を自動化して行える

顧客に対してアプローチをするとき、営業職であれば電話や訪問などでコミュニケーションをしていきます。この業務を自動化するのは難しく、実際に電話をしたり現地に向かったりしないといけないでしょう。顧客とのコミュニケーションとしてネットやメールを利用した仕組みがあり、こちらも人が直接設定などを行います。ただどんな顧客にどんなメールを送るかなどはあらかじめ決まっているので、単純な作業の繰り返しになるときがあります。マーケティングオートメーションでは、メールやネットでの顧客とのコミュニケーションを自動的に行えます。反応のある顧客に対して適切な対応を自動的に行い、少しずつ顧客を育てて行けます。初期導入費はかかりますが、それ以降人件費などを抑えられます。

効果を分析しながら利用する

マーケティングを自動的に行ってくれるツールがマーケティングオートメーションです。メールなどを自動配信して人が介在しなくても顧客と情報のやり取りを行えます。メリットが大きいツールですが、使い方を間違えると顧客を失いかねないので注意が必要です。顧客とのやり取りは自動的に行われますが、それそれに結果があります。結果を知らずに使い続けていると、効果がないのにメールを送り続ける状態になりかねません。利用する時には事前に効果を予測し、その予測通りに使えているかどうかを確認しましょう。効果が出ていないときには設定を変更するなどして、予測通りに使える状態にしておきましょう。効果を得るにはそれなりに時間がかかるかもしれません。

マーケティングオートメーションとは、ソフトウェアを用いてマーケティング業務を自動化することを意味します。