動画配信やライブ配信の始め方と注意する事

動画配信の仕方と注意する事

動画配信は動画配信サイトを使ったり、自分でホームページやブログを開設して配信する事もできます。動画配信は撮影した映像を編集ソフトを使って自由に編集する事ができるので、ライブ配信では作れない映像コンテンツを作る事ができます。法的に気をつける事は他人の著作物を侵害しないようにする事です。他人の著作物を無断で使用した場合は動画の削除を求められたり、勝手に著作物を使った事で権利者が損害を受けた場合には損害賠償請求をされる可能性もあります。動画配信サイトを使う場合は法令を守るだけでなく、利用する動画配信サイトの規約も守らないといけません。そのため利用する前に配信サイトの利用規約は正確に把握するべきです。

ライブ配信の始め方と注意点

ライブ配信とは端末で撮影した映像をリアルタイムでインターネット上で公開する事です。ライブ配信ができる配信サイトからならば誰でもライブ配信を簡単に始められます。動画配信と違って編集作業もないので、始める時のハードルはライブ配信の方が低いです。撮影した映像がそのまま配信されてしまうので、問題のある映像を撮影してしまうとそのままインターネット上に公開されます。動画配信ならば編集の段階でカットしたり直接映像を見られないように加工する事ができますが、ライブ配信では不可能なので撮影の段階で充分注意しないといけません。動画配信と同じで他人に権利のある著作物や他人の肖像権を侵害しないように配慮する必要があります。

ストリーミングとは、音声や動画などのマルチメディアデータやコンテンツをダウンロードしながら、リアルタイムで再生する技術や方式です。待ち時間がないため快適にマルチメディアを楽しむことができます。