企業内におけるストレスチェックシステムの重要性

ストレスチェックシステムの特徴

ストレスチェックシステムは、法令に定める企業を対象として導入が義務付けられており、従業員のメンタルヘルスなどの管理を行ううえで有意義な取り組みのひとつです。特に、ストレスチェックシステムを効果的に利用するためには、産業医をはじめとする経験豊かな医療従事者が必要となります。ストレスチェックシステムの判定基準については、企業内で扱っている事業の内容や従業員の年齢やポジションなどによって違いが見られますが、医師の指示に従って企業内での方針をきちんと考えることが重要です。その他、ストレスチェックシステムの効果を高めるうえで、定期的に対象の従業員に聞き取りを行うことが大事です。

企業内で役立つストレスチェックシステムを選ぶには

従業員の働きやすい環境を整えるうえで、優れたストレスチェックシステムの選び方にこだわることがとても大切です。特に、民間企業を対象としてストレスチェックシステムの提供が行われている専門業者は全国的に増加傾向にありますが、導入コストやプログラムの内容などに注目をしながら、各企業の実態に合ったものを探すことが効果的です。また、ストレスチェックシステムを導入するタイミングについては、一般企業の人事担当者にとって大事なテーマとなりますが、信頼のできる業者に在籍する産業医や臨床心理士などのアドバイスをもらうことがおすすめです。なお、ストレスチェックシステムの使いやすさを重視することで、研修の機会を利用してスムーズに取り組むことが可能です。

大きい会社では、労働者の精神衛生のためにストレスチェックシステムが実施されます。そして必要であれば病院で受診してアドバイスを受けることができます。