日別: 2018年12月26日

iphoneを修理したいならここ!大事な店の選び方

iphoneの修理を正規店にお願いするメリット

iphoneを壊してしまったが、修理はどこにするのが良いだろう。正規店と非正規店があって、どちらの方がいいのか分からない……。そう言う方も多いと思います。ここでは、そんな迷ってしまう人たちの為に正規店と非正規店で修理をお願いした際のメリットデメリットについて触れていきたいと思います。まず、正規店で修理をお願いするにあたってのメリットは何かと言えば、やはり信頼出来るという所です。パーツ交換などがあっても、もちろん正規品と取り換えてもらえます。また、保証サービスに入っている場合は、値段が安くなるというのも見逃せないポイントです。特に画面割れ
程度であれば、一万円以下で修理してもらえるので、費用もそこまで掛かりません。

iphoneの修理を非正規店にお願いするメリット

ではiphoneの修理を非正規店にお願いするメリットはなんでしょうか。非正規店で修理をお願いするメリットは、正規店に比べると素早く修理してもらえるという部分です。正規店では一度修理に出してしまうと場合にもよりますが、修理までに数日は掛かってしまいます。しかし、非正規店であれば、もちろん症状にも寄りますが、早ければ一時間以内で修理してもらえることが可能です。もう一つのメリットは、価格です。正規の保証サービスに入っていない場合、正規店で修理をお願いすると、状態にもよりますが一万円以上の費用を請求されてしまう場合があります。それに比べて非正規店であれば、それよりもはるかに安い金額で修理してもらえます。

iphone修理を銀座で行なっている業者は多いですが、混雑していることもあるので来店前に問い合わせした方が安心です。

自動化しながら顧客が育つ!効果をしっかりチェックして使おう!

単純な作業を自動化して行える

顧客に対してアプローチをするとき、営業職であれば電話や訪問などでコミュニケーションをしていきます。この業務を自動化するのは難しく、実際に電話をしたり現地に向かったりしないといけないでしょう。顧客とのコミュニケーションとしてネットやメールを利用した仕組みがあり、こちらも人が直接設定などを行います。ただどんな顧客にどんなメールを送るかなどはあらかじめ決まっているので、単純な作業の繰り返しになるときがあります。マーケティングオートメーションでは、メールやネットでの顧客とのコミュニケーションを自動的に行えます。反応のある顧客に対して適切な対応を自動的に行い、少しずつ顧客を育てて行けます。初期導入費はかかりますが、それ以降人件費などを抑えられます。

効果を分析しながら利用する

マーケティングを自動的に行ってくれるツールがマーケティングオートメーションです。メールなどを自動配信して人が介在しなくても顧客と情報のやり取りを行えます。メリットが大きいツールですが、使い方を間違えると顧客を失いかねないので注意が必要です。顧客とのやり取りは自動的に行われますが、それそれに結果があります。結果を知らずに使い続けていると、効果がないのにメールを送り続ける状態になりかねません。利用する時には事前に効果を予測し、その予測通りに使えているかどうかを確認しましょう。効果が出ていないときには設定を変更するなどして、予測通りに使える状態にしておきましょう。効果を得るにはそれなりに時間がかかるかもしれません。

マーケティングオートメーションとは、ソフトウェアを用いてマーケティング業務を自動化することを意味します。