日別: 2018年1月29日

企業内におけるストレスチェックシステムの重要性

ストレスチェックシステムの特徴

ストレスチェックシステムは、法令に定める企業を対象として導入が義務付けられており、従業員のメンタルヘルスなどの管理を行ううえで有意義な取り組みのひとつです。特に、ストレスチェックシステムを効果的に利用するためには、産業医をはじめとする経験豊かな医療従事者が必要となります。ストレスチェックシステムの判定基準については、企業内で扱っている事業の内容や従業員の年齢やポジションなどによって違いが見られますが、医師の指示に従って企業内での方針をきちんと考えることが重要です。その他、ストレスチェックシステムの効果を高めるうえで、定期的に対象の従業員に聞き取りを行うことが大事です。

企業内で役立つストレスチェックシステムを選ぶには

従業員の働きやすい環境を整えるうえで、優れたストレスチェックシステムの選び方にこだわることがとても大切です。特に、民間企業を対象としてストレスチェックシステムの提供が行われている専門業者は全国的に増加傾向にありますが、導入コストやプログラムの内容などに注目をしながら、各企業の実態に合ったものを探すことが効果的です。また、ストレスチェックシステムを導入するタイミングについては、一般企業の人事担当者にとって大事なテーマとなりますが、信頼のできる業者に在籍する産業医や臨床心理士などのアドバイスをもらうことがおすすめです。なお、ストレスチェックシステムの使いやすさを重視することで、研修の機会を利用してスムーズに取り組むことが可能です。

大きい会社では、労働者の精神衛生のためにストレスチェックシステムが実施されます。そして必要であれば病院で受診してアドバイスを受けることができます。

ホームページデザインに関して初心者が覚える事

スタイルシート(CSS)の知識の重要性

HTMLファイルというものは、各ブラウザから「ソースを表示する」機能を利用すると誰でもソースをみられるため、どんなことが書かれているかは広く知られています。しかし、ホームページを実際にデザインしたことがない人にとってはスタイルシートという概念やその意味が未知の領域であまり知られていません。しかし、ホームページデザインにはHTMLに関する知識同様にスタイルシートに関する知識を覚えることが必須となります。なぜならHTMLファイル内はテキストなど最小限の記述に留め、デザインに関する事はすべてスタイルシート内で記述を操作することにより、一括でデザインを変更する形が推奨されているからです。なお、HTMLに関する知識情報同様に難易度は低めのため、機械が苦手な方でも参考書さえあれば確実に知識をマスターすることが出来ます。

スマートフォン表示最適化の重要性

2000年代まではモバイル端末向けサイトというといわゆるガラケー向けのサイトを意味していましたが、一部メディアを除いてあまり需要は高くありませんでした。しかし、2010年に入りスマートフォンが普及してからはPCよりもスマートフォンからインターネット上のサイトにアクセスする人が増えたため、スマートフォン向けサイトの作成が必須になってきました。さらに世界のサーチエンジンシェア最大手の企業も、今後スマートフォン向けサイトを用意していないサイトは順位を降格し、用意しているサイトを順位面で明確に優遇する方針を明らかにしました。そのため、運営者はCMSを選定するにあたって、スマートフォンからのアクセスに対しては自動的に専門のデザインにてページを表示してくれるCMSを選ぶ必要があります。

レスポンシブデザインとは、WEBサイトを表示する機器の状態に応じて最適な形で表示させるデザインのことを言います。