月別: 2018年1月

企業内におけるストレスチェックシステムの重要性

ストレスチェックシステムの特徴

ストレスチェックシステムは、法令に定める企業を対象として導入が義務付けられており、従業員のメンタルヘルスなどの管理を行ううえで有意義な取り組みのひとつです。特に、ストレスチェックシステムを効果的に利用するためには、産業医をはじめとする経験豊かな医療従事者が必要となります。ストレスチェックシステムの判定基準については、企業内で扱っている事業の内容や従業員の年齢やポジションなどによって違いが見られますが、医師の指示に従って企業内での方針をきちんと考えることが重要です。その他、ストレスチェックシステムの効果を高めるうえで、定期的に対象の従業員に聞き取りを行うことが大事です。

企業内で役立つストレスチェックシステムを選ぶには

従業員の働きやすい環境を整えるうえで、優れたストレスチェックシステムの選び方にこだわることがとても大切です。特に、民間企業を対象としてストレスチェックシステムの提供が行われている専門業者は全国的に増加傾向にありますが、導入コストやプログラムの内容などに注目をしながら、各企業の実態に合ったものを探すことが効果的です。また、ストレスチェックシステムを導入するタイミングについては、一般企業の人事担当者にとって大事なテーマとなりますが、信頼のできる業者に在籍する産業医や臨床心理士などのアドバイスをもらうことがおすすめです。なお、ストレスチェックシステムの使いやすさを重視することで、研修の機会を利用してスムーズに取り組むことが可能です。

大きい会社では、労働者の精神衛生のためにストレスチェックシステムが実施されます。そして必要であれば病院で受診してアドバイスを受けることができます。

ホームページデザインに関して初心者が覚える事

スタイルシート(CSS)の知識の重要性

HTMLファイルというものは、各ブラウザから「ソースを表示する」機能を利用すると誰でもソースをみられるため、どんなことが書かれているかは広く知られています。しかし、ホームページを実際にデザインしたことがない人にとってはスタイルシートという概念やその意味が未知の領域であまり知られていません。しかし、ホームページデザインにはHTMLに関する知識同様にスタイルシートに関する知識を覚えることが必須となります。なぜならHTMLファイル内はテキストなど最小限の記述に留め、デザインに関する事はすべてスタイルシート内で記述を操作することにより、一括でデザインを変更する形が推奨されているからです。なお、HTMLに関する知識情報同様に難易度は低めのため、機械が苦手な方でも参考書さえあれば確実に知識をマスターすることが出来ます。

スマートフォン表示最適化の重要性

2000年代まではモバイル端末向けサイトというといわゆるガラケー向けのサイトを意味していましたが、一部メディアを除いてあまり需要は高くありませんでした。しかし、2010年に入りスマートフォンが普及してからはPCよりもスマートフォンからインターネット上のサイトにアクセスする人が増えたため、スマートフォン向けサイトの作成が必須になってきました。さらに世界のサーチエンジンシェア最大手の企業も、今後スマートフォン向けサイトを用意していないサイトは順位を降格し、用意しているサイトを順位面で明確に優遇する方針を明らかにしました。そのため、運営者はCMSを選定するにあたって、スマートフォンからのアクセスに対しては自動的に専門のデザインにてページを表示してくれるCMSを選ぶ必要があります。

レスポンシブデザインとは、WEBサイトを表示する機器の状態に応じて最適な形で表示させるデザインのことを言います。

問題が起こらず安心!利用しやすいクラウド会計

クラウドを使った新しい会計システム

会計処理は紙の上で行う事もありましたが、今はパソコンを利用して処理をしていますよね。それをさらに新しくしたのがクラウド会計で、このシステムではクラウドを使っています。クラウドとはネットを通じでサーバーを利用するシステムで、ネットにつなぐだけで利用できるものです。通常の方法ですとサーバーを用意しなければいけませんが、クラウドではそのような手間はありません。会計処理をクラウドで行うメリットは、データ管理の手間がなくなることです。自社のサーバーで管理をする場合は、もし何か問題があれば入力したデータは消えてしまいます。それに対してクラウド会計ならばバックアップを取ってあるので、データが消えませんから安心して利用できますよ。

人事管理にも使えるクラウド会計

働いている人の情報を集めることは、企業経営をする時に重要になりますよね。人事管理はビジネスでは重要ですけど、必要なデータを集めるのはかなり大変です。実はクラウド会計では働いている人の情報を集め、どのような仕事をしているのかを把握できる製品もあります。パソコンを使った仕事をする時に、必要なデータをクラウド会計が収集するので情報を集めやすいです。クラウド会計が集めた情報は働いている人のデータになるので、それを参考にすれば人事管理ができます。クラウド会計はただ会計処理をするだけではなく、働いている人の情報も集められます。情報を集めるのも特に難しくなく、会社で利用しているスマホやパソコンにインストールするだけなので簡単ですよ。

クラウド会計とはズバリ、クラウドを用いた会計システムです。インターネットに接続できる環境さえあれば、場所が離れた複数の端末から操作することができます。そのため、入力作業を分散して行うことができます。

短い時間で直せるってホント!?実は便利なスマホ修理

修理に時間がかかりやすいスマホの問題

高性能なスマホは丈夫にできていますけど、高い所から落とすと簡単に壊れてしまいますよね。壊れたスマホの修理は早くしたいものですけど、実は時間がかかることが多いです。
なぜスマホの修理に時間がかかるのかというと、それはメーカーに仕事を依頼するからです。製造したメーカーでは十分にチェックをして、問題がないと確認してから返してくれます。
返ってきたスマホは元の状態に戻っていますが、修理に時間がかかるので負担も大きいですよね。そういう時は修理専用の会社を使うと、短い時間で直せる場合もあります。修理を専門にしている会社は確実に治せない事もありますけど、簡単な問題ならば短時間で修理してくれますよ。

短時間で直せる便利なスマホ修理会社

スマホ修理を短い時間で行いたい、そういう時は修理専門の会社に頼めば対応できますよ。修理専門の会社はスマホを持っていけば、その場で直してくれるので使いやすいです。
なぜ修理専門の会社だとすぐに直せるのかというと、特定の問題を直すことに特化しているからです。メーカーの場合は故障が起きた時に、すべての部品を細かくチェックして調べます。それに対して修理専用の会社では、壊れた部分のみを調べるので時間が短くなっています。
修理専門の会社は仕事を依頼したときの費用も安く、低価格で仕事をしてくれるので便利です。仕事を頼むときも予約をしなくても頼めることがあるので、故障が起きた時の対応を頼みやすいです。スマホ修理は色々な所に頼めますが、工夫すれば短い時間で治せますよ。

スマホ修理は大手携帯電話会社(キャリア)の場合はキャリアの名を冠したショップが担当しているので、そちらに直接持ち込みをするか郵送で修理依頼をする形が一般的です。

月額100円程度のレンタルサーバーでも十分色々なことができる

利用者には有難い料金になってきたレンタルサーバー

1990年代当時はレンタルサーバーというものは、月額1000円以上の料金を払わないとなかなか良い機能を提供しているレンタルサーバーに巡りあえないようなところがありました。しかし、2000年代に入って競争が激しくなり、信頼できる株式上場企業が運営しているサーバーさえも初心者などを対象に月100円程度でも契約できるようになってきました。

月100円のレンタルサーバーでも素晴らしいサービス

月100円のように低額コースは、安いだけであって高度なことはできないですが、基本的なニーズには応えてくれます。各社によってサービスには違いはありますが、サブドメイン形式でホームページを作ることはもちろん好きなメールアドレスを持つことができます。そして、独自ドメインを取得すればサブドメインではなく独自ドメインでもホームページを運営できるほか、CMSの簡単インストール機能も大半のレンタルサーバーにて用意されています。

CMSの簡単インストールで望み通りのHPを作れる

昔はレンタルサーバーを契約したのち、CMSをインストールする作業というのは難易度が高い部分がありました。しかし、その点が不評であったため、初心者でもCMSが使いやすいように簡単インストール機能が標準化されていきました。そのため、レンタルサーバーを借りたのち、ホームページ作りにお金をかけたくない場合、自分でHTML&CSSファイルを手作りで1ページずつ作り、FTPソフトで転送するというような作業は必要ありません。

上位コースなら色々なことが出来る

低価格系レンタルサーバーの中で100円程度のベーシックコースではなく、月額1000円くらいかかるコースを選択した場合は、ディスク容量が大きくなるため大規模サイトが作りやすくなるほか、データベースの構築などができるようになります。

レンタルサーバーとは、サーバーを借りることです。借りることで自らサーバーを準備し、管理する必要がなくなるのでとても便利です。

何よりも大事!プライバシー保護は最優先課題

情報化社会を活きるための注意点

プライバシーが守られなければならないことは、誰でも容易に理解できることといえるのではないでしょうか。もはやどんなビジネスや取り組みをする上でも一番重要なことかもしれません。さまざまな業界において、ネットワークの活用が求められます。パソコンはもとより、スマホやタブレットでも簡単に情報を入手することも可能です。情報化社会に向けての動きが活発化する中、課題や問題点、懸念事項も浮かび上がってきました。個人情報や機密情報の取り扱いには十分に気をつける必要性があるといえます。サイバー攻撃やネットいじめなどが起こらないようにするためにも、プライバシーは厳しく守らなければなりません。少しの気の緩みや過信、慢心が大きな事件や事故にもつながるのです。

プライバシーマーク取得に向けて

プライバシー保護は、企業活動をする上でも極めて重要視されています。顧客情報もさることながら、取引先や従業員などのプライバシーも厳重に取り扱わなければならない時代を迎えました。デジタル化が進んだことで、確かに便利な社会になったことは事実です。しかしながら、その一方ではリスクが潜んでいることも念頭におかなければいけません。名前や住所、電話番号などの個人情報の取り扱いには、十分に気をつけることが求められます。プライバシーマークのことを知っている人も多いかもしれません。プライバシーマークは、個人情報情報などの適切な管理ができることが認められた企業に付与されます。このプライバシーマークを取得することで、アドバンテージを獲得できます。

シュレッダーは書類などを細長く裁断する機械です。個人情報や会社の書類など内容が外に漏れないように処分するための大切な役割を果たしてくれます。