カテゴリー: 未分類

人気のWebサイトを作る!ホームページを作る時の基本事項

まずはどんな人が見てくれるのかを考えること!

ホームページを作る時、より多くの人達に見てもらいたいと思うことは、Web制作者にとって共通の願いです。たくさんの人達にブックマークされるような人気のサイトは、どのようなポイントに気を付ければ良いのでしょうか。ホームページを実際に制作する時、まず始めに考えるべきなのが、どんな人が見てくれるのか、という部分です。例えば転職に関する情報サイトを作るのであれば、掲載すべきなのは転職を成功させるためのコンテンツです。転職サイトなのに畑違いのダイエット情報を掲載しても、全く意味がありません。見てくれるユーザーを具体的にイメージできれば、掲載する記事やコンテンツも定まってきます。ユーザー目線でのサイト制作は、SEOの観点からも大切なポイントです。

ソフト選びも大切なポイント

ホームページを作る時は、何で作るのかも重要なポイントです。ホームページ制作ソフトは世界的に有名なものもあれば、日本人向けに開発された国内のソフトもあります。デザイン性を重視した本格的なWebサイトを制作したいのであれば、予め機能が充実しているソフトを選ばなければなりません。ソフトによって求められるスキルや知識も異なってくるため、ソフト選びは慎重に行う必要があります。またCMSを利用すれば、ブログを作成するようなイメージでサイトを作り上げることも可能です。

公開後は定期的に更新する

ホームページの人気を着実に高めていくためには、魅力的な記事やコンテンツを定期的に更新することも大切です。更新し続けることはSEO対策にもなりますし、訪問者数の増加にも繋がります。

ホームページ作成とは、インターネット上に自分の文章や情報を発信したり、創作物の公開などが出来る場所を作る事です。

次世代の照明機器は使い方が肝心!LED照明の特性を上手に活かそう!

LED照明が普及した理由

LED照明は電球や蛍光灯と比べて電力消費量が少なく、耐用年数が長いのが特徴です。低コストで長く使い続けることが出来るので出費を抑えることが出来る利点があります。LED照明は開発された当初は高額でしたが、技術力の進歩によって安価で購入することが可能になっています。また、既存の照明設備の規格に準じた作りになっていることから、照明機器をLEDに交換するだけで済むのも広く普及した理由の一つです。LED照明の光は拡散しにくい性質があるので特定の部分を強く照らすのに向いています。そのため、吹き抜け部分や街灯など高所から照らすのに最適です。使用中は紫外線や熱を放出しないので虫がたかったり周囲が焦げるなどの不具合が起きないのも既存の照明には無い魅力です。

住宅でLED照明を使う際のポイント

LED照明は電気代がかからず長持ちするので家庭での使用に向いていますが、その一方で従来の照明機器と同じように扱うと却ってコストが嵩んでしまう場合もあるので注意が必要です。LEDは長時間使い続けることを前提に作られているので、頻繁にスイッチを切り替えると耐久性が落ちてしまいます。そのため、トイレや物置など使用が短時間に留まる部屋の照明には不向きです。また、LED照明の光は拡散しにくいのでリビングなどの広い部屋に使う際は専用の大型照明を選ぶ必要があります。LED照明の光は明度が高いので部屋を明るく照らすことが出来る一方、冷たい雰囲気があります。そのため、住宅用のLED照明には電球を模した色合いの物を使うのが家庭的な雰囲気を出すのに便利です。

広範囲を明るく照らしたい場合は、消費電力の少ないledパネルを使った方が、電気代を節約することができます。

旅行の時にスマートフォンを持って行けばとても便利!

スマートフォンを持っていれば位置情報が分かる!

旅行の時にスマートフォンを持っていれば、現地の地図が表示されて自分がいる位置が分かります。その為にスマートフォンを持っていれば、迷子にならなくても済みますし、自分の行きたい目的地にも容易に行く事が可能になります。しかし、その場合にスマートフォンのバッテリーの充電は前もってしておく必要があります。バッテリーが切れると分からなくなるからです。

スマートフォンを持っていれば時間がつぶせる!

飛行機の待合室や飛行機のフライトの中では退屈な場合がありますが、スマートフォンを持って行けばそう言う悩みも解決できます。前もって、スマートフォンにパソコンなどから音楽や動画のファイルを入れておくといつでも好きな音楽や動画を楽しむ事ができます。空港や飛行機の中ではスマートフォンを充電する為のコンセントが付いている事が多いので、長時間スマートフォンを使用する予定があるのなら、そのコンセントに繋ぐ為の充電ケーブルを常時携帯すれば良いでしょう。

現地の言葉で話したい時にはスマートフォンを使おう!

一人旅などで外国に旅行して、現地の言葉で話したい場合にはスマートフォンを使えば良いです。専用のアプリを利用すれば、現地の言葉と日本語を変換してくれる機能が備わって、現地の方と片言で話す事も可能になります。

分からない事があればスマートフォンで調べましょう!

旅行中に分からない事が出てきた場合には、スマートフォンのブラウザーを開いてキーワードを入れて調べれば良いです。例えば、現地で泊まりたいホテルの情報や帰りの飛行機の情報などは調べれば簡単に分かるようになっています。

スマートフォンは安全に使用しましょう!

スマートフォンは小さいボディーなんで、落としたり壊したりする事もあります。旅行中でそう言う事が起こったら大変な目にあうので、スマートフォンの管理には十分注意して使用しましょう。

スマートフォンWebサイトでは視認性の高さが重要です。多くの人は初めて見た時の見やすさで、直感的にありか無しかを判断します。ターゲット層に響くデザイン性を担保しながらも視認性を高める事が大切です。

スマートフォンwebサイトは、「スマホ用CSS」を作るのが一般的

「スマホ用CSS」とは何か?

webサイトは、HTMLとCSSというコンピュータ言語で書かれたファイルにアクセスすることで、閲覧することができます。HTMLは、見出し、本文、リンク先の指定、画像の指定など、そのページのコンテンツそのものを記述します。CSSは、見出し・本文・枠などの色や大きさ、全体のレイアウト、画像の配置など、ページのデザインを記述します。そしてwebサイト作成時は、PCでの閲覧用とスマートフォンでの閲覧用など、複数のデザインを記述したCSSファイルを用意するのが一般的です。CSSファイル内に、「横幅が320px以下のデバイスで見るときはこのデザインで(小さなスマホ用)」「横幅が1000px以上のデバイスで見るときはこのデザインで(PC用)」「横幅が321px以上999px以下のデバイスで見るときはこのデザインで(タブレットや大きなスマホ用)」などと複数のデザインを記述しておき、ページを閲覧するデバイスによって、適用されるCSSを変化させるのです。

スマートフォンwebサイトを作る上での注意点

スマートフォンは画面が小さいので、当然ながらそれに合わせた表示をすることが大切です。一行あたりの文字数を画面の大きさに合わせ、閲覧者が読みやすいレイアウトにする必要があります。また、リンク先のクリック時に異なるリンク先をクリックしないよう、配慮する必要もあります。リンクボタンを大きくしたり、リンクボタン同士の間隔を大きめに空けたりして、誤入力を防ぐのです。それから、スマートフォンwebサイトは、全体的にシンプルなデザインが良いでしょう。画面が小さいので、細かく複雑な部分というのは閲覧者の目に入りにくいものです。ですから思い切って、PCでは見られるけどスマホではこの部分は見えないようにしよう、という判断も必要となってくるのです。

スマートフォンWebサイト制作とは、スマートフォンで一番見やすいサイトになるようにwebサイトを制作することです。

スマホサイト作り方レスポンシブウェブデザイン

レスポンシブウェブデザインの特徴

ホームページの形が訪問者の使う端末の画面サイズにより、自動的に切り替わる様にする方法をレスポンシブウェブデザインを言います。これはパソコンをホームページへの訪問者が使っていたら、画面サイズがパソコンに合わせたホームページが表示されます。スマホをホームページの訪問者が使っていたら、画面サイズがスマホの形に合わせて表示されます。これはアクセスがホームページにあった時、画面サイズに合わせたスタイルシートのファイルを使い画面サイズを判断するからです。複数のスタイルシートのファイルを用意して置く事で、ホームページは1つなのですが、ホームページが画面サイズの合わせた形で表示させる事が出来ます。

更新が楽でも作成が難しい

レスポンシブウェブデザインのメリットは今後の更新が楽なのが特徴です。それは表示させている文章や画像のホームページは1つだからです。又管理もし易くホームページのURLも1つで済みます。ホームぺージ運営者とって更新が楽なのは大切な事です。ただ、この作成方法はスマホとパソコンの両方で、1つのホームページで綺麗に表示される様に、作り込む必要がある為大変作成が難しいです。実際にホームページをレスポンシブウェブデザインにする場合、現在ホームページを持っていても全て作り直す事になる可能性があります。更にレイアウトやデザインの自由度も気にかけながら、パソコンとスマホの両方の表示を作る為低くなってしまいがちなのがデメリットです。

ホームページを見てもらうためには見やすさが大切です。スマホサイトを作り、色々な端末で表示しやすくなればアクセス数や売上増加に繋がります。

スマートフォンユーザー向けのwebサイトを作り集客アップを目指そう!

スマートフォンWebサイトの作り方とは?

近年のスマートフォンの急速な普及により、パソコン用のサイトとスマートフォン用のサイト同時に運用するという会社も見られるようになりました。スマートフォンWebサイト作成の際にはパソコン用サイトと別のものを1から作成する方法と、パソコン用サイトの内容を、スマートフォンでアクセスされた際にスマートフォンで見やすい大きさに変化させる方法があります。

1からスマートフォン用のWebサイトを作るには?

スマートフォン用のWebサイトを作ると聞くと、パソコン用サイトと違う知識が必要なのでは、と思う方もいるかもしれません。しかし、スマートフォンWebサイトとパソコン用サイトの作り方に大きな違いは無く、パソコン用サイトを作成した知識を使って作ることが可能です。ただ、使用する人の見る画面の大きさはパソコンとスマートフォンでは違いがあります。小さな画面でもすっきりとした見栄えであるか、パソコン版ではあったほうがいいが、画面の大きさが限られているスマートフォン版では無い方がいい機能は無いかなど、ユーザー目線になって作ることが大切です。

レスポンシブ・ウェブデザインとはどんな方法なのか?

もう1つの方法がパソコン用サイトを、パソコン以外の端末で訪問された際にその端末に合わせて自動的にサイズが切り替わるレスポンシブ・ウェブデザインという方法もあります。これはWebデザイナーなどプロに依頼しないと出来ない方法ですが、ホームページ作成ソフトによってはレスポンシブ・ウェブデザインに対応したテンプレートが入っているものや、元々作成したパソコン用Webサイトがレスポンシブ・ウェブデザインになっているものもありますので、そうしたソフトでWebサイトを作成するもの1つの手法になります。

スマホサイト制作は普通のパソコンのサイトの制作と違うので、きちんとしたサイトをつくりたいなら専門の業者に任せると良いです。

スマートフォンWebサイトを他のデバイスでも使えるように作る方法

Webサイトを閲覧するデバイスの種類と表示について

Webサイトを閲覧するデバイスには、パソコンとスマートフォンやタブレットがあります。スマートフォンWebサイトは、一般的にスマートフォン専用のWebサイトですが、必ずしも閲覧者がスマートフォンだけを利用しているとは限りません。また一人のWebサイトの閲覧者が、TPOに合わせて複数のデバイスを利用する場合も考えられます。従って、スマートフォンだけでなくパソコンやタブレットでも利用できるように、スマートフォンWebサイトも予め設計しておく配慮が大切です。

レスポンシブWebデザインによるサイト構築

スマートフォンWebサイトを作る際に、スマートフォン専用のサイトを作るのは効率的ではありません。どのデバイスでも利用できるようにしておいた方が、他のデバイス用を開発する際のコストも安くなります。それを解決するのが、レスポンシブWebデザインという技術です。どんな大きさの画面サイズでも見やすく表示でき、使いやすくなります。ウェブページの基本レイアウト情報であるHTMLは1つで、情報の大きさや位置などの表示設定(CSS)を、デバイスごとに用意して表示をさせるという方法です。どのデバイスも表示内容は同じですが、見せ方を設定値で変化させます。スマートフォンWebサイトをこの方法で作れば、パソコン用に転用するのはとても容易です。また、近年のスマートフォンは画面サイズがより大きくなっているので、このレスポンシブWebデザインはスマートフォン専用のWebサイト構築でも大変有効な技術です。これを取り入れて、スマートフォンWebサイトを構築しておきたいものです。

スマートフォンが普及している昨今、スマートフォンサイト制作はサイト集客に欠かせません。まだ、スマートフォンに最適化してない場合は早急に対策をしましょう。

飲食店ではすすんでスマートフォンを活用するべし!

飲食店でスマートフォンを活用する理由

日本人で10人に8人は持っている、といわれるスマートフォンですが、飲食店でスマートフォンを活用することで多くの恩恵をうけられます。理由は、クーポンサイトがフル活用できるということです。昔は紙ベースのクーポンが主流でしたが、いまはスマートフォンの画像を見せるタイプが主流になっています。自分の持ち物の中で、忘れることがもっとも少ないのは財布とスマートフォン、といっても過言ではないでしょう。クーポン券を持参忘れすることがなくなり、また突然に飲み会をすることになっても、クーポンがある飲食店をすぐに探すことができるのも、スマートフォンだから成せる技ですよね。

使わなかったらこんなに差がつく

では、もしもスマートフォンを活用してクーポンを使用しなかったら、年間でどれくらいの差が出るのか計算してみましょう。ここでは毎月1回、会社の同僚と飲食店で酒席を設けたという設定で話を進めますね。よくあるクーポンが「はじめの一杯はドリンク無料!」「お会計から10%OFF」というのがあります。今回は「はじめの一杯はドリンク無料!」で計算してみます。生中一杯400円としたら、ひと月に400円浮くことになります。これが年間だと、400円×12ヶ月で4800円もの差になります。これは、ほんの一例に過ぎないのですが、飲食店でクーポンをみせるだけで年間4800円変わってきます。これは1回以上の飲み代に相当するものです。スマートフォンに表示できるからこそクーポンを忘れなかったり、すぐに探すことができますので、ぜひ飲食店ではスマートフォンを活用クーポンを探したり、クーポンの使える飲食店をリサーチして下さいね。

スマートフォンサイトを作るには自分で勉強して作る方法やプロに任せる方法があります。プロに任せる場合はイメージをしっかり伝えることが大切です。

phone修理で有名な修理の方法ってある?

充電不良で修理する場合の速さと費用

iphone修理のなかでも、比較的件数の多いものとしてあげられているのが、充電不良です。充電不良の場合、iphone本体ではなく、充電器のケーブル部分か、ケーブルと充電器を接続している部分がおかしい可能性があげられます。ただし、iphoneが充電器と接続して充電する部分になんらかの異常が起こってしまい、充電できないということもあるため、ケーブルや充電器に異常がないのに充電できない時は、修理業者に相談してください。また、バッテリー異常の可能性も少なくないです。お店で判断してもらうと安心できます。なお、正規店では事前予約で3日から5日預けて8千円程度費用がかかりますが、非正規店の場合には最短で15分程度で修理が可能です。

ガラス割れの費用や手早さは

件数の多いiphone修理のなかでも最も有名なのがガラス割れです。ガラスが割れてしまうことは良くあることですが、なるべく早く修理に出さないと、確実に操作性に異常をきたします。正規店で依頼する場合には13000円からとなっていますが補償があれば多少変わりますので、事前に確認しましょう。なお、非正規店の場合にはリーズナブルな価格でサービスを提供しているところが多く、古い機種であれば3000円台で修理できるため、事前の情報を確認し、どちらがより納得出来る修理を行ってくれるのかを判断することが重要です。修理費用は機種によって異なりますが、アフターケアやサポートなど金額だけではなく、サービス内容が充実しているお店を選びましょう。

iPhoneの修理を行う時は正規店か、修理を専門にしているところに頼むことをおすすめします。iphone修理を天王寺で頼む時には、天王寺周辺に修理専門店がありますので調べて店舗に確認して下さいね。

iphoneを修理したいならここ!大事な店の選び方

iphoneの修理を正規店にお願いするメリット

iphoneを壊してしまったが、修理はどこにするのが良いだろう。正規店と非正規店があって、どちらの方がいいのか分からない……。そう言う方も多いと思います。ここでは、そんな迷ってしまう人たちの為に正規店と非正規店で修理をお願いした際のメリットデメリットについて触れていきたいと思います。まず、正規店で修理をお願いするにあたってのメリットは何かと言えば、やはり信頼出来るという所です。パーツ交換などがあっても、もちろん正規品と取り換えてもらえます。また、保証サービスに入っている場合は、値段が安くなるというのも見逃せないポイントです。特に画面割れ
程度であれば、一万円以下で修理してもらえるので、費用もそこまで掛かりません。

iphoneの修理を非正規店にお願いするメリット

ではiphoneの修理を非正規店にお願いするメリットはなんでしょうか。非正規店で修理をお願いするメリットは、正規店に比べると素早く修理してもらえるという部分です。正規店では一度修理に出してしまうと場合にもよりますが、修理までに数日は掛かってしまいます。しかし、非正規店であれば、もちろん症状にも寄りますが、早ければ一時間以内で修理してもらえることが可能です。もう一つのメリットは、価格です。正規の保証サービスに入っていない場合、正規店で修理をお願いすると、状態にもよりますが一万円以上の費用を請求されてしまう場合があります。それに比べて非正規店であれば、それよりもはるかに安い金額で修理してもらえます。

iphone修理を銀座で行なっている業者は多いですが、混雑していることもあるので来店前に問い合わせした方が安心です。